dogandcats3 of さこ動物病院サイド

ノミ・ダニ予防駆除

ノミはどんな弊害があるの?

ノミは犬の体に寄生する代表的な外部寄生虫です。ノミが犬の体に寄生すると、かゆみのためにひっかいたりかんだりして皮膚炎を起こします。ノミの唾液に含まれる物質によってアレルギーを起こすこともあり、背中から腰、尻尾のつけ根にかけて脱毛し、赤いブツブツができます。また、大量にノミが寄生すると、吸血されて貧血を起こすこともありますし、条虫という内部寄生虫など多くの病気を媒介します。
 犬だけでなく、飼い主を刺すこともあり、激しいかゆみや皮膚炎を起こすことも少なくありません。
 愛犬と飼い主の健康や病気予防の観点からも、ノミを徹底的に駆除しましょう。また、ノミがいない場合でも寄生を避けるために予防対策を行ってください。

ノミのライフサイクル

 現在、犬に寄生しているノミの多くは、ネコノミです。ノミは成虫のときは動物の体に寄生していますが、卵や幼虫、サナギは犬の体から落ちて、いつも犬が過ごしている場所や部屋の隅などに潜んでいます。ですから、犬の体についている成虫だけを取り除くのではなく、犬の周辺の「ノミ予備軍」を徹底的に駆除することも大切です。
 ノミの繁殖には、高温多湿の環境が適しているので、春から夏はノミが繁殖しやすい季節です。しかし、最近ではエアコンなどによって室内が比較的一定温度に保たれているため、冬でも油断はできず、ノミの繁殖は1年中可能になってきています。ノミは卵、幼虫、サナギの期間が長いので、犬の体から成虫の姿が見られなくなったとしても注意が必要です。室内に潜んでいたノミの卵が孵化して、再び寄生することがないよう、犬の体、そして飼育環境のノミの駆除を徹底的に行いましょう。また、多頭飼育の場合は、必ず全員一緒に対策を行います。

マダニの予防

 犬に寄生する一般的なダニはマダニです。マダニは草むらなどに潜み、散歩などで犬の体にくっついて血を吸います。耳や顔など、皮膚が薄くてやわらかい部分に好んで寄生します。マダニはわずか1mm程度の大きさですが、血を吸って200倍以上にも体がぱんぱんにふくらんで黒いイボのように皮膚にくいついています。口でがっちりと皮膚をとらえているので、無理に引きちぎると口の部分が皮膚に残って化膿してしまうこともあります。
 体に寄生すると激しいかゆみを伴いますが、さらにやっかいなのは、マダニが「バベジア」という寄生虫(原虫)や細菌などを媒介することです。特にバベジア症候群は犬の赤血球を破壊し、生命に危険を及ぼす危険性もあるので、ノミと同様、しっかりと駆除・予防対策を行う必要があります。

ノミ・ダニの駆除・予防方法

 ノミ・ダニの駆除で一つ気をつけなければならないのは、ノミやマダニを見つけてもつぶさないということです。メスの成虫は体内に卵をもっていますので、つぶすと卵が飛び散ってしまうからです。また、卵やサナギが落ちている可能性もあるので、部屋は隅々まで念入りに掃除することも大切です。
 ノミやマダニの駆除・予防策には、効果的な方法がいくつかあります。駆除剤のタイプによって効果に違いがありますので、獣医師とも相談のうえ、愛犬に適した方法を選択してください。

<スポットタイプ>

犬の首の後ろに薬剤を滴下するタイプ。使いやすく動物も比較的嫌がらず、乾けば舐めても大丈夫なので、体に負担もかかりません。効果は1~3カ月。成虫の駆除に効果的で、卵の孵化も阻止できるタイプのものもあります。動物病院で購入できます。

<スプレータイプ>

全身に噴射して使用するタイプ。即効性があり、乾けば舐めても大丈夫です。犬の体だけでなく、室内やケージなどにも使うことができます。成虫の駆除に効果があります。動物病院で購入できます。

ワンポイント:

地図MAP

お問い合わせ

〒819-1112
福岡県糸島市浦志2-5-6
電話:092-324-2539
FAX:092-332-7581

診療時間

平日・土曜 午前9:00~12:30 
午後3:30~7:00
祝日 午前9:00~12:00
休診日 日曜のみ
12:30~3:30 手術・予約診療